弁護士と司法書士の違い

借金の返済を一時猶予してもらったり、返済金額の一部または全額を免除してもらう交渉や法律手続きに入ることを債務整理といいます。

この債務整理の代理人には法律上、弁護士か司法書士しかなれません。
従って、あなたも弁護士か司法書士を雇ってください。

では、どちらを選べば良いか?
基本的には弁護士なら法律上の制約も無く何でも出来るので弁護士を選ぶのが無難でしょう。
というのも司法書士には以下の制約があるからです。

①司法書士は総債権額が140万までの交渉権と訴訟代理権しか認められていないということ。
これは債権者に対して、借金の減額や過払い金の返還は総額140万円までの主張しかできないということです。
決して、債務総額(借金の額)が140万円を越えていたら交渉権と訴訟代理権がないという意味ではありませんので、お間違いなく。
例えば、借金の総額が1000万円あったとしても司法書士さんに交渉権と訴訟代理権はありますから、あなたの代理人になることはできます。
なので、取り立てをストップさせたり、各債権者との間で弁済方法の和解をとりかわすことができます。
ただ、債権として主張できる権利は総額140万円までなので、弁護士なら総額170万円の過払い金返還を主張できた・・といったケースもあるということは留意しておきましょう。
②自己破産や個人民事再生の訴求代理は弁護士しかできない。
自己破産や民事再生は地方裁判所へ申立を行う必要がありますので、簡易裁判所への訴求代理権しか持たない司法書士は行うことができません。(申し立ての書類作成業務はできます)

では、弁護士なら誰でも良いのか?というとそういうわけではありません。
下手な弁護士に依頼するよりも債務整理専門を謳っている司法書士の方が仕事の手際はずっと良いからです。

それに債務整理専門を謳っている司法書士は弁護士と提携、または雇い入れているので実際は支障が出ることはほとんどありません。
ですから弁護士、司法書士といった違いで選ぶのではなく、債務整理専門か否かといった違いで選ぶと良いでしょう。

つまり弁護士にしろ、司法書士ににしろ債務整理を専門にしている所でないと事はスムーズに運ばないからです。

弁護士は法律業務全般の代理人になることができますが、実際には得意分野と不得意分野があります。
医者でいえば、内科は得意だが外科は不得手といった具合に。

同様に司法書士も不動産登記や役所・裁判所への申請書類作成を業務の中心に据えている人もいます。

ですから、債務整理専門を謳っている弁護士か司法書士でないと債権者との交渉や受任通知書の通知も手際が悪くなる可能性が高くなりますし、依頼人の経済状況に応じた着手金無料、料金の分割・後払いといった便宜も図ってくれないことが多いのです。

従って結論を言うと

債務整理専門の弁護士か司法書士に依頼する。