任意整理とは

1.任意整理とは

任意整理とは、金融会社と交渉して返済計画を見直す和解をすることです。
先ず、利息制限法の上限金利でこれまでの返済額を再計算し、正確な債務額を確定します。(引き直し計算)

次に、原則として金利をカットし,元本のみを3年程度の分割で返済する内容で金融会社と交渉し、和解契約を結びます。

2.任意整理のメリット

①専門家に代理人となってもらい、受任通知を送付することで、取り立てが止まります。
②返済は和解契約が成立するまで、止めることができます。
③借金の減額ができたり、過払い金を取り戻すことができる場合もあります。
④交渉次第で未払の金利,将来の金利や遅延損害金を一部又は全額カットできます。
⑤自己破産などと違い、裁判所への出頭もなく、資格制限を受けたり官報に名前が載ることもありません。
⑥自己破産などと違い、特定の債務だけを選んで整理することができます。

3.任意整理のデメリット

信用情報機関には登録されますので、5年程度は新たに借入したり、クレジットカードを利用したりすることなどはできなくなります。

4.任意整理申請の条件

和解後に借金を3年程度で返済出来る、継続的な収入がある方。(アルバイトでもOK)